トップページ >  オールインワンゲルの成分 >  合成ポリマー

化粧品の合成ポリマーって?要注意なワケ

化粧品に使われている合成ポリマーって何?特徴や用途は?

化粧品に使われている「合成ポリマー」は、高分子で変質しない、腐らない、そして安価なことから 化粧水からクリームまでさまざまなアイテムに使用されています。 代表的なものでは「流動パラフィン」「カルボマー」「ジメチコン」などです。

合成ポリマーを配合することで、とろりとした粘度が出て、お肌につけるとツルツルとした手触りになれます。 ただし、実際にはお肌がツルツルになったわけではなく、ポリマーが強い皮脂膜を作り、お肌をコーティングしているだけなのです。 合成ポリマーは汗や皮脂を通さないので、皮膚呼吸を妨げたり、皮膚の常在菌の働きを弱めたり、 使い続けることでお肌本来の保水力が弱くなってしまうといわれています。

また、粘度が強いため、クレンジング力の弱い洗顔料ではしっかりと落とせないのが難点です。 合成ポリマーは低い濃度でも強い粘りが出せるので成分表示では下のほうに記載されることが多いので よほど注意して見ないと見落としてしまいがちです。 無添加を謳っている化粧品でもツルツル感を得るためにごく少量の合成ポリマーを配合していることも多いようですね。


合成ポリマーの成分名って?成分表でわかるの?

ほとんどの化粧品に使われている合成ポリマーとは、合成樹脂、合成ゴム、合成セルロースなどの総称です。これらの成分は少量でクリーム状の化粧品をつくることができるため、主に乳化剤として使われています。

また、肌の手触りをなめらかにする効果もあります。しかし、その手触りは合成ポリマーが肌を覆っているから生まれるものです。ツルツルになったと感じるのは、肌にとっては異物である合成ポリマーが被膜になっているためで、実際に肌がうるおっているわけではありません。

合成ポリマーによる悪影響としては、肌のバリア機能の低下も考えられます。肌本来の力を使って美肌を目指すなら、合成ポリマーが入っている化粧品は避けたほうが無難です。特に素肌に直接塗るタイプの基礎化粧品では注意しましょう。自然派・無添加化粧品として売り出していても、合成ポリマーを大量に使っていることには触れない商品もありますので、成分を見て慎重に選んでください。

化粧品に使われる合成ポリマーにはいくつかの種類があります。

シリコン
ノンシリコンシャンプーが話題ですが、化粧品にもシリコンが配合されているものがあります。「ジメチコン」と表記されることが多いです。
落ちないファンデーションなどによく使われている、強い撥水性を持った被膜成分です。また、シワの凹凸を埋める用途でも使われています。

水溶性合成ポリマー
オールインワンゲルなどの基礎化粧品によく使われている合成ポリマーです。密封性はありませんが、紫外線の弱さによる影響や、使い続けることで自然なターンオーバーを妨げる可能性などが指摘されています。

ポリマーは一概に悪とはいえず、よく使われるヒアルロン酸もその仲間だったりします。
「ポリマー」は自然界にも存在しているもので「合成ポリマー」とは違いますが、高い保湿力を持っている成分です。
敏感肌の方や、自然の力でケアしたいという方は、これらの成分を使用していない化粧品をおすすめします。

化粧品に使われる合成ポリマーの成分名

(アクリルアミド/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー
(アクリル酸アルキル/オクチルアクリルアミド)コポリマー
アクリル酸アルキル/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMP
(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー
(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマーK
(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー
(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー
(アクリル酸アルキル/VA)コポリマー
(アクリル酸アルキル/ジアセトンアクリルアミド)コポリマー
(アクリル酸アルキル/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMP
(アクリル酸アルキル/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMPD
(アクリル酸アルキル/メタクリル酸ステアレス-20)コポリマー
(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー
(アクリル酸ブチル/ジメタクリル酸グリコール)クロスポリマー
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー
(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル)クロスポリマー
(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル)コポリマー
(アクリレーツ/アクリル酸ステアリル/メタクリル酸エチルアミンオキシド)コポリマー
(アクリレーツ/アクリル酸ステアリル/メタクリル酸ジメチコン)コポリマー
(アクリレーツ/アクリル酸トリデシル/メタクリル酸トリエトキシシリルプロピル/メタクリル酸ジメチコン)コポリマー
アクリル酸Naグラフトデンプン
アクリル酸アルキルコポリマー
アクリル酸アルキルコポリマーNa
アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム
(アクリレーツ/アクリルアミド)コポリマー
(アジピン酸/ネオペンチルグリコール/無水トリメリト酸)コポリマー
(アジピン酸/フマル酸/フタル酸/トリシクロデカンジメタノール)コポリマー
アミノプロピルジメチコン
アモジメチコン
アルキッド-2
アルキッド-3
アルキル(C30-45)セテアリルジメチコンクロスポリマー
アルキル(C30-45)メチコン
(エイコセン/ビニルピロリドン)コポリマー
エチルセルロース
(エチレン/VA)コポリマー
(エチレン/アクリル酸)コポリマー
(エチレン/プロピレン)コポリマー
(エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマー
(エチレンジアミン/ダイマージリノール酸ステアリル)コポリマー
(オクチルアクリルアミド/アクリル酸ヒドロキシプロピル/メタクリル酸ブチルアミノエチル)コポリマー
カルボキシメチルキチン
カルボキシメチルキトサンサクシナミド
カルボキシメチル-β-グルカンNa
カルボキシメチルデキストランNa
カルボマー
カルボマーK
カルボマーNa
グリセレス-26
酢酸セルロース
サクシニルアテロコラーゲン
シクロテトラシロキサン
シクロヘキサシロキサン
シクロペンタシロキサン
シクロメチコン
ジフェニルジメチコン
ジメチコノール
シメチコン
ジメチコン
ジメチコンクロスポリマー
水添ポリイソブテン
水添ポリデセン
(スチレン/DVB)コポリマー
(スチレン/アクリル酸アルキル)コポリマー
(スチレン/アクリル酸アルキル)コポリマーアンモニウム
(スチレン/アクリレーツ)コポリマー
(スチレン/ビニルピロリドン)コポリマー
ステアリルジメチコン
ステアロキシPGヒドロキシエチルセルローススルホン酸Na
セチルジメチコン
セルロースガム
(トシルアミド/エポキシ)樹脂
(トシルアミド/ホルムアルデヒド)樹脂
トリエトキシシリルエチルポリジメチルシロキシエチルヘキシルジメチコン
トリシロキサン
トリフルオロアルキルジメチルトリメチルシロキシケイ酸
トリフルオロプロピルシクロテトラシロキサン
トリフルオロプロピルシクロペンタシロキサン
トリ(トリメチルシロキシ)シリルプロピルカルバミド酸プルラン
トリメチルシロキシケイ酸
ナイロン-6
ナイロン-12
ニトロセルロース
パーフルオロアルキル(C4-14)エトキシジメチコン
パーフルオロポリメチルイソプロピル
ヒドロキシプロピルセルロース
ヒドロキシプロピルメチルセルロース
(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー
(ビニルジメチコン/ラウリルジメチコン)クロスポリマー(ビニルピロリドン/VA)コポリマー
フェニルトリメチコン
フェニルプロピルジメチルシロキシケイ酸
ポリアクリルアミド
ポリアクリル酸
ポリアクリル酸Na
ポリアクリル酸アンモニウム
ポリアクリル酸エチル
ポリアクリル酸メチル
ポリアクリレート-4
ポリアスパラギン酸Na
ポリイソブテン
ポリイソプレン
ポリウレタン-11
ポリウレタン-14
ポリウレタン-15
ポリエチレン
ポリグルタミン酸
ポリ酢酸ビニル
ポリシリコーン-9
ポリシリコーン-11
ポリシリコーン-13
ポリテトラフルオロエチレン
ポリビニルアルコール
ポリビニルブチラール
ポリブテンポリプロピレン
(ポリメタクリル酸メチル/ジメチルポリシロキサングラフトアクリル樹脂)コポリマー
ポリメタクリル酸グリセリル
ポリメタクリル酸メチル
ポリメタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン
ポリメチルシルセスキオキサン
(無水フタル酸/安息香酸/グリセリン)コポリマー
(無水フタル酸/無水トリメリト酸/グリコールズ)コポリマー
(メタクリル酸メチル/アクリロニトリル)コポリマー
(メタクリル酸メチル/ジメタクリル酸グリコール)クロスポリマー
(メタクリル酸ラウリル/ジメタクリル酸エチレングリコール)コポリマー
(メタクリロイルオキシエチルカルボキシベタイン/メタクリル酸アルキル)コポリマー
メタクリル酸メチルクロスポリマー
メチコン
メチルグルセス-10
メチルグルセス-20
メチルセルロース
メチルトリメチコン
(メチルビニルエーテル/マレイン酸)コポリマー
(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー
PCAジメチコン
PEG-3ジメチコン
PEG-6
PEG-7M
PEG-7ジメチコン
PEG-8
PEG-8トリフルオロプロピルジメチコンコポリマー
PEG-9ジメチコン
PEG-10ジメチコン
PEG-12ジメチコン
PEG-20
PEG-30
PEG-32
PEG-45M
PEG-65M
PEG-75
PEG-90M
PEG-150
(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー
PEG-400
PET
PPG-7
(PPG-12/SMDI)コポリマー
PPG-15ステアリル
PPG-52ブチル
PVP
(VP/アクリル酸ジメチコニル/ポリカルバミル/ポリグリコール)エステル




化粧品(特にオールインワンゲル)の合成ポリマーに要注意!

化粧品には、合成ポリマーが含まれていることを説明しましたが、 その中でも特に合成ポリマーが多いのが、オールインワンゲルなんです。

化粧水からクリームまでの機能を兼ね備えたオールインワンゲルは 忙しい女性たちにとってとても便利で頼もしいアイテムです。 1つずつそろえることを考えるとコスパの面でもかなり助かりますね。

けれども、化粧品やオールインワンゲルには「ポリマー」、正しくは「合成ポリマー」という成分が配合されています。合成ポリマーが入っている商品が多いだけで、もちろん、まったく合成ポリマー入っていない良質の商品もあります。

合成ポリマーは化学的に合成された高分子化合物のことで、その種類は実に多種多様です。 化粧品やオールインワンゲルによく使われているのは「カルボマー」などの水溶性のポリマーです。 ただし、何年か前からポリマーはお肌によくないことが指摘されているので 一度は耳にしたことがある人も多いと思いますが、いろいろなところで指摘を受けているのが まさしくこの水溶性ポリマーなのです。

水溶性ポリマーは水に溶けて高い粘度を発揮するもので、増粘剤やゲル化剤として用いられ、 お肌を覆うことで表面がサララサ、ツルツルした感触になります。 ちょうどビニール状のものでお肌を覆っていると考えるとわかりやすいかもしれません。

ただし、これが注意するポイント。 お肌がツルツルして、手触りが滑らかなことでお肌の調子がよいと勘違いする人が多いようですが、 実は強い粘度によって毛穴をふさいでしまったり、落ちにくくいつまでもお肌に残ってしまうのです。 ですから、オールインワンゲルを選ぶ時には成分をしっかりとチェックして 少しでもお肌に優しいものを使うことが大切ですね。


こちらのページでは、人気20種類のオールインワンゲルの全成分を分析し、評価しました。合成ポリマーや添加物などが含まれているかもひと目で確認できるので参考にしてくださいね。